矯正治療中の歯みがき

矯正装置をつけると、むし歯が発生しやすくなったり、歯肉が盛り上がってきたりすることもあるそうです。特に奥歯に装置をつけていると症状が出やすいといいます。

こうならないためにするべきなのが、食後の歯みがきです。多くの矯正歯科医院では、装置をつける前に、歯みがきの指導をしています。患者に家で使っていっる歯ブラシを持ってきてもらい、普段通りに歯をみがいてもらいます。そして、みがき残し部分に色がつく「染め出し剤」を使って、みがき癖を確認する方法があります。

矯正装置の周りの歯をみがく時は、用途に合わせた矯正用の歯ブラシや、円錐形の歯間ブラシを併用すると良いと思います。治療が進み、矯正装置が外れた後は、歯みがきの手間がだいぶ減ることが実感できるでしょう。

また、矯正治療が終わってからも、歯みがきは続けていかなければならないため、治療期間中に正しい歯みがきに慣れておけば将来的にむし歯や歯周病になりにくい歯を保持できるかもしれません。

矯正装置に慣れるまでは、口の中に違和感を覚えることがあるでしょう。しかし、装置をつけて治療が終わるまで違和感が残ることは少なく、慣れてしまえばほとんどつけていないのと同じような感覚になります。

歯の裏側に矯正装置つける場合は、一部の言葉が発音しづらくなりますが、時間が経てば慣れてくると思います。矯正装置をつけている時よりも、保定装置をつけている時のほうが、発音がしづらくなる傾向があるようです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*