訪問歯科診療

歯科医院への通院が困難な要介護認定を受けている高齢者や、在宅診療を受けてい
る患者や障害者等が歯科診療を受けたい場合、歯科医が往診に行き診療することができる。

入れ歯の不適合、むし歯に伴う歯の痛み、歯ぐきの腫れ等、これらの多くは訪問歯科診療で対応することができ、基本的に保険適用の範囲で治療が行われる。治療にかかる費用や診療計画等については、最初に歯科医から詳しく説明を受けると良い。すべての歯科医が訪問歯科診療を行っているわけではないが、かかりつけの歯科医がいるならば先ず、そちらに訪問歯科診療が可能かどうかを問い合わせ、対応していない場合は訪問診療を行っている歯科医を紹介してもらうと良い。全身疾患によって在宅診療を受けている患者は、かかりつけの医師や主治医に相談して訪問歯科医師を紹介してもらうことが望ましい。多くの場合、口腔内の疾患は全身疾患とお互いに影響しあっている。そのため、どのような病気を患い、今どのような薬を服用しているのかを歯科医師も知った上で診療にあたる必要がある。また、要介護高齢者における口腔衛生・口腔機能の悪化は誤えん 聴性肺炎の原因にもなるという。これらも訪問歯科医師による定期的な口腔ケアが非常に有効となる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*