美肌ニーズへ応える化粧品

日本人の女性は、美肌へのこだわりが強い傾向にあります。ホワイトニングを代表とした美白ブームのきっかけをつくったのは資生堂です。資生堂は8年の年月をかけて製品開発をしました。美白に必要な成分を含んだ化粧品は、それをきっかけに各メーカーがこぞって開発、マーケットに投入されて来ました。その勢いは全く衰える気配がありません。

美白成分は様々な成分があり、メラニンの過剰生成を抑制する動きのある成分を含むものがあります。日本人女性は、夏でも白い肌を守りたいという欲求が強く、冬の間も白い肌を維持するべく、お手入れに力を入れています。紫外線対策などを含めた美白への取り組みは、基礎化粧品でも同様です。

日常的に使う乳液や化粧品にも広がり、更に販路も低価格のセルフ販売化粧品や通販化粧品にまでおよんでいます。

美白成分に対する女性の意識は高く、その知識や関心は半端ないものがあります。特に、肌を白くする上でシミ対策が重要だと思っている女性が多い傾向にあります。このような日本人女性のこだわり、関心の高さは欧米の化粧品会社にも影響を与え、美白をテーマにした化粧品は外資系の化粧品会社からも投入されています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *