矯正歯科治療の流れ

矯正歯科治療の流れ・・・矯正歯科治療は、初診から歯を動かした後の保定まで、患者さん一人ひとりに最適な治療方針によって行われます。「初診・相談」○咬み合わせや歯並びについて ○適切な開始時期や矯正料金の目安について。

→「精密検査」○歯型、歯並びや顔の写真。○歯や顔のレントゲン。○必要に応じて顎関節ののレントゲンと顎機能検査。

→「診断」○治療方針、治療期間、矯正料金などの説明。○患者さんや保護者の同意後、治療    準備開始

  • 4~9歳が目安

→「早期治療{第一段階治療)

→「保定・観察」

→「精密検査・再診断」・・・軽い不正咬合では、本格治療に進まずに終了する事もある。

  • 10歳以上が目安

→「本格治療(第二段階治療)」○マルチブラケット装置 ○2~3年

→「保定」○動かした歯やあごをその位置に保つ。 ○1~3年

→「観察終了」

  • 18歳以降が目安

外科矯正治療

「手術前の矯正」

→「外科手術{入院)」

→「手術後の矯正」

○マルチブラケット装置

○2~3年

→「保定」

→「観察・終了」

 

矯正治療を始めるよい時期は

咬み合わせと歯並びによってすべて違います

・治療開始は一人ひとりにあったタイミングで

「矯正歯科治療は何歳から始めたらいいですか」とよく質問されます。