歯周病の予防法

若く体が元気で健康な時は免疫力が十分にあるので、歯周病菌がいても歯周病は発症しない。しかし疲労やストレス、不規則な生活が続いたり加齢とともに体の免疫力は下っていく。そうなると歯周病菌の数が同じであっても免疫力が下り、痛みを感じぬうちに歯周病が発症してしまうので免疫力が下がらぬよう健康に留意しなければならない。歯周病を悪化させる原因の一つは喫煙で、煙に含まれるニコチンなどの化学物質が 口腔粘膜や歯周組織を傷つけ、唾液も減少して歯垢(プラーク)がつきやすくなる。 歯周病の進行は非喫煙者に比べ 7倍も早いので、禁煙した方がよい。加齢が原因である歯周病の場合、どれほど自身の健康に気をつけていても、免疫力をあげるのはむずかしくなる。そこで免疫力で戦える範囲内に歯周病菌を減らし、歯周病の発症や進行を食い止めることを目標として、食後の歯みがきを中心に歯周病の予防・治療をすることが大切である。