慢性歯周炎

歯肉炎を放置し、慢性歯周炎になると歯周組織が溶けてしまうので、歯周ポケットが深くなり、歯周病の原因である歯垢がさらに溜まりやすくなり、普通の歯磨きでは歯垢を取り除くことが出来なくなる。酸素が無い環境で活発となるグラム陰性菌がますます勢力を増し、さらに骨の傷みが重なって感染がすすんでしまう悪循環に焔り、

治療も難しくなってくる。手遅れになる前に歯科医院で深部に侵入した細菌を排除すれば炎症はなくなり、歯周炎の進行を食い止めることは可能だが、一度細菌を吸収してしまった歯槽骨を以前の状態に戻すのは困難なため、歯肉溝の底部は健康なときに比べて下がってしまい歯ぐきが痩せた状態となる。歯の根が歯肉の上に露出した状態となり、すき間が出来、見た目が悪いことは勿論、知覚過敏を起こしたり、発音がままならなくなったりする。