噛み合わせの不具合

噛み合わせの不具合を原因とする歯周病の場合、特定の歯によけいな負担がかかり、歯の周りの骨が溶けて歯周病菌が住みだす。これを治すには矯正などの高度治療が必要となってくる。一般的には、日々の歯磨きによる歯垢の除去が効果的だ。自覚症状がないので定期的に歯科医院で検診を受けることも早期発見、早期治療に繋がる。その際、歯科医に定期的なケアとして歯石の除去や歯のクリーニング、プラークコントロールの指導をしてもらうと良い。最近の研究では糖尿病、心臓血管病、低体重児出産・早産などが歯周病に関連する疾患とされている。糖尿病は血液が高血糖になるので唾液の分泌量が減少して歯周病になりやすい環境となる。