入れ歯

内閣府の高齢社会白書では、高齢者の人口は290万人を越え増加し、歯の平均寿命は短く、 2500万人以上の人が入れ歯を使用している。

歯科実態調査によると、入れ歯を使い始めて次第に増え約2人に 1人が総入れ歯であると報告している。利用者の多い入れ歯について様々な角度から考えてみたい。入れ歯は歯が無くなった部分に土台である床を作り、その上に人工の歯を並べて補うものだ。入れ歯(義歯)は取り外しが可能であり、 (部分床義歯)と、 全体の総入れ歯(総義歯)とがある。(総義歯)一歯が全く無い人のための総入れ歯。入れ歯はその人の顔つきにも大きく影響を与える。入れ歯をすることによって、ものを噛む機能を回復させるだけではなく見た目も良くなり、ひいては他人との付き合いに支障をきたすことはなく、性格や環境にも関係する可能性がある。