入れ歯とインプラント

《入れ歯の使用期間》

入れ歯の使用期間は個人差が激しく、 一概には言えないという。 3年くらいが限度という人もいれば、何年くらい同じ入れ歯で大丈夫だったという人もいるが、入れ歯は一生ものではないということは確かである。

昨今、入れ歯安定剤という商品が市販され重宝されているが、それは望ましいことではなく、歯科医や歯科技工士としては恥ずかしいことだという。ピッタリした入れ歯であれば調整することで長持ちし、入れ歯安定剤は不要なのだ。その不要な物が患いかに合わない入れ歯で我慢している人が多くいるか、者に人気があるということは、ということを証明している。

入れ歯利用者の多くが「痛くて噛めない」「はずれ易い」などの悩みを持っており、

手軽な入れ歯安定剤を使用したりするが、専門の歯科医でアゴの骨の形状や噛み合わ

せを調べてもらい調整すれば、具合が良くなるケースも多い。高齢者の中には食事時だけ入れ歯をする人もいるが、眠るとき以外は外さないほうが良い。どんなにピッタリしている入れ歯でも、長く使わなければ合わなくなってくる。正しい噛み合わせの入れ歯を使うことで唾液の量も増え、免疫力も向上し、食べ物もおいしく感じられる。