保険適用の入れ歯

健康保険が適用される総入れ歯はプラスチックで作られたものしかないが、保険適用外の総入れ歯には様々なタイプのものがある。プラスチックの入れ歯は分厚く、しゃべりにくかったり、違和感が強くなることもあるが、治療費が安い、修理がしやすいといった良い点もある。

《保険適用の総入れ歯の良い点》

  • 総入れ歯を必要とするほとんどの人が使用することができる。
  • 保険適用なので安価。

《保険適用の総入れ歯の欠点》

  • 入れ歯をはめたときの違和感が強い。
  • 顎の骨がだんだん痩せてくるので、徐々に合わなくなり、定期的な調整が必要。
  • 歯ぐきから外れたり、口から落ちたりしやすい。

 

総入れ歯にする場合、保険適用範囲内ではプラスチック製のものしかないが、保険適用外の場合は高額になるが様々な方法がある。

 

  • 金属床義歯・・・入れ歯の床となる部分が金属で出来ている。金属は強度が高いので入れ歯を薄くすることができ、食べ物の熱い、冷たいがよく伝わって食事が 美味しく感じられるようになる。
  • シリコン義歯・・・入れ歯の床となる部分の一部がシリコン で出来ている。シリコンは軟らかいので「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようになる。 欠点としては、汚れが付きやすいことと値段が高いこと。
  • インプラント義歯・・・顎の骨に「インプラント」を打ち込む手術をし、入れ歯を支えるための土台にする方法。 これにより入れ歯の安定性や噛む力を高めることが出来る。例えば磁力で入れ歯を固定 する「磁性アタッチメント」と呼ばれるもの。
  • 入れ歯の費用・・・総入れ歯の費用は、保険を使うと約1万円で作ることができる上下どちらか片方

保険適用外の場合、入れ歯の種類や費用は歯科医院によって大きな差がある。最近ではホームページに料金を載せている医院もある。

保険適用外の自費でつくる入れ歯の中で最も安いものは数万円前後で、精密義歯と称されるプラスチックの成型に時間をかけたものや、金属バネを使用しないノンクラスプデンチャーなどがある。

金属パネを使用しないノンクラスブデンチャー

その次が数万円の金属床義歯と称されるもので、舌にあたるところが薄い金属なので食感がよい。金額の種類にはステンレス、チタン、プラチナゴールドなどがあり、それらに機能的な違いはない。さらに高額な入れ歯は磁石や二重金冠などを使ったアタッチメント義歯で、 100万円前後となる。そして最高額の入れ歯がインプラントと併用するタイプの総入れ歯で、なんと300万円以上もする。

取り外し式の入れ歯は被せ物や詰め物と違い、失われた歯の数が多いために高額に なるというわけではなく、金具(ラスプ、二重金冠・コーヌス、磁石などのアタツの素材や技工士の手間によって金額が大きく変わり、費用設定が複雑になる。意外に思われるかもしれないが、歯を失っている状態での部分入れ歯の費用と、歯を全部失っている状態での総入れ歯の費用は、ほぽ同額である。いずれにしても自費治療を選ぶときは(勧められたときも)、必ず治療内容や費用総額を書面にしてもらうとよい。