よく聞く円高とかって?

円の価値が上がることを円高と言います。外貨両替の取引をする際は必須となる概念なので、あいまいな方のためにここでおさらいをしておきます。
仮に1ドル⇒100円だったのが1ドル⇒200円になったとしましょう。
円の数字は上がったので円が高くなったように錯覚するかもしれません。
ところが実際これは円安(=ドル高)です。なぜかというと、1ドル100円だったのが同じ1ドルで2倍の200円の価値を持つようになったからです。
外貨取引とは少しズレますが、ここでドルを円に・円をレタスに見立てて、例え話をひとつ。
今日スーパーへ行ったところ300円でレタス1個買えたのが、次の日には600円出さないと1個買えなくなっていました。
円の数字は2倍になり、高くなったものの、円の価値は落ちていますよね。円安(=レタス高)です。
さらに次の日に同じスーパーへ行ったところ、150円で同じレタスが1個買えました。
円の数字は低くなっていますが、少ないお金で購入できるので円の価値は上がっています。円高(=レタス安)です。
実際にレタスが安くなってるのを見ると、一目瞭然ですね。
このように同じ金額を支払っても変換できる価値が高くなるか・安くなるかによって決まるのが円高や円安の考え方になります。
ただ計算するときに問題になってくるのが、ドルを基準に考えなければならない点です。
1円⇒〇ドルではなく1ドル⇒〇円という表記が一般的なので、円が基準にできず、少々やっかいな面があることは否めません。
1ドル120円とすると、このときの1円は0.08333……ドルの価値に換算されます。分かりづらいですよね。
外貨両替で取引をしながら慣れていきましょう。