歯と歯並びの役割は何でしょう

生きていくには「かめること」が大切です

・食べ物を噛んで飲み込む働き

人には、親知らずを含めずに、上下二十八本の歯(永久歯)があるとされています。動物でも人間でも、生きていくためには食べなければなりません。歯は何のためにあるかと言うと、第一は「食べるため」です。

実は「食べ物をかんで飲み込む」のはとても複雑なイステムです。一本一本の歯の力だけでなく、歯が並んでいてはじめてできる動作であり、あご、関節、舌、口の筋肉などが脳殻の指令のもとに連携して、スムーズに行っているものなのです。歯の役割がまず食べ物をかむことであり、それは生命の維持と根本的に関わっていることを知って下さい。

・発言を助ける働き

次に重要な働きは、「発音を助けること」です。発音は肺から出された空気が、声帯によって振動します。そして、あごや舌、唇、口蓋、歯の協力によって、いろいろな音声が出ます。

歯が抜けてない人、歯並びの悪い人に発音は、息が漏れて不明瞭になり、言葉によるコミュニケーションに影響を及ぼします。

・口元の表情を作る美的な働き

歯には機能的な働きばかりでなく、美を構成する大事な役割もあります。

例えば、「明眸皓歯」(めいぼうこうし)と言う言葉があります。目が大きくてきらきらと輝き、歯が白く、歯並びが整っている人を「美人」とした日本の代表的な褒め言葉で、アーチ形に毛例に並んだ歯が、顔かたちの印象を左右する大事なポイントであることを物語っています。

・あごの発育への影響

子供の歯には、かむことで上あごや下あごの健全な発育を助ける役目があります。

矯正歯科としては、このこともぜひ知っておいていただきたいと思います。

・哺乳類が獲得した3タイプの歯

「ヒト」は動物の分類学上では「哺乳類」の仲間ですが、歯に切歯・犬歯・臼歯の三種類があることは、生物の進化の過程で哺乳類が獲得した大切な特徴の一つです。切歯は包丁のように食べ物を切る歯、犬歯は食肉動物では仮の武器となる歯、そして臼歯は果物や草を臼のようにすりつぶす歯です。